大好きな人との挙式をするスポットは

名古屋においてウェディングをやりたいと思っている場合、一押しできるスポットとしてカトリック布池教会があります。

名古屋教区司教座聖堂とも言われていて、富山、福井、愛知、石川、岐阜に構えている教会をまとめる中心として、1962年に建設されました。

献堂から50周年を2012年で迎えたカトリック布池教会ですが、1992年に名古屋都市景観重要建築物として認められ、歴史的に見ても大きな価値を秘める建築物となりました。

鉄塔までの高さが大体50メートルにも及ぶ、スケールのでかい大きなスペースを構え、そして最大で700名の人を入れられるカトリック布池教会で式を行うことで、本物から生じる雰囲気を堪能することができます。

あとは、県内において最も大きなサイズになるパイプオルガンや、ドイツ製のステンドグラスの光を受けた30メートル程のバージンロードにおいては、カトリック布池教会だからこそ見られます。

大好きな人との挙式を、カトリック布池教会でやってみるのもよいでしょう。